モバイルスタンプラリーシステム概要

モバイルスタンプラリーの種類

モバイルスタンプラリーの種類には主に下記のようなQRコードスタンプラリー、GPS活用スタンプラリー、電子スタンプスタンプラリー、TOUCHCARDスタンプラリー、ARスタンプラリー、ホログラムスタンプラリー、iBeaconスタンプラリー、音響(非可聴音)スタンプラリーなどがあります。それぞれの特徴とメリット、デメリットは以下の通りです。
※ iBeaconは、Apple Inc.の登録商標です。

  • QRコード

    各地点ポイントに掲示された地点ポスターや地点看板に印字されているQRコードを携帯電話・スマートフォンで読み取り、専用サイトへアクセスするとスタンプを獲得できる仕組み

    もっと詳しく
  • GPS

    各地点エリアに近づいて、専用サイトからチェックインボタンを押すと、GPS情報から現在地と設定された地点情報が一致すればスタンプを獲得できる仕組み


    もっと詳しく
  • 電子スタンプ(Digishot)

    各地点ポイントにて、電子スタンプ(Digishot)を直接スマートフォンに押印すると、スタンプを獲得できる仕組み




    もっと詳しく
  • TOUCHCARD(タッチカード)

    店頭や地点ポイントにて配布されたTOUCHCARD(タッチカード)をスマートフォンへタッチさせると、
    スタンプを獲得できる仕組み


    もっと詳しく

ネイティブアプリを使用(※アプリの月額利用料が必要)

  • 電子透かしマーク

    各地点ポイントに掲示された地点ポスターや地点看板・画像・動画などをPOPITA(ポピタ)アプリで撮影すると、コンテンツ再生後にスタンプを獲得できる仕組み

    もっと詳しく
  • iBeacon(近距離無線通信)

    各地点ポイントに設置されたiBeaconの設定エリアに近づくとPush通知が届き、アプリを起動するとスタンプを獲得できる仕組み

  • 音声認識

    各地点ポイントに設置されたスピーカーの音声をキャッチできるエリアにアプリを起動した状態で近づくとスタンプを獲得できる仕組み

  • AR(aug!)

    各地点ポイントに掲示された地点ポスターや地点看板をaug!(オーグ)アプリで撮影すると、コンテンツ再生後にスタンプを獲得できる仕組み


    もっと詳しく
  • AR(Pictu AR)

    各地点ポイントに掲示された地点ポスターや地点看板に掲載されている画像をPictu AR(ピクチュアル)アプリで撮影し、コンテンツ再生後にスタンプを獲得できる仕組み

    もっと詳しく
  • ホログラム(WOWcode)

    店頭や地点ポイントにて配布されたホログラムカードに記載のWOWcode(ワウコード)を専用アプリWOWcoder(ワウコーダー)で読み取ると、スタンプを取得できる仕組み

    もっと詳しく



各種モバイルスタンプラリーのメリット・デメリット

  メリット デメリット コスト性 操作性 不正等の
セキュリティ性
利用可能
機種
地点が
近い
場合の
利用
QRコード式
QRコード式
・ガラケーでもスマートフォンでも参加が可能。
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
 (同じ建物内でも可)
・コストが安い。

  • 携帯
  • スマホ
  • 近距離OK
・機種によってQRコードの読み取り方法が異なり、
 スムーズに読み取れないユーザーが多い。
・固定URLのため不正される可能性がある。
・QR読み取り機能がないスマートフォンはアプリを
 ダウンロードする必要がある。
  • 読取にくい
  • 不正可能
  • アプリDL
GPS機能活用式
GPS機能活用式
・QRコードや電子スタンプなどの準備物が不要。
・スマートフォンでの参加がしやすい。
・位置情報を取得するため不正がしにくい。
  • スマホ
  • 準備物不要
  • 不正防止
・チェックポイントが近い場合(同じ建物内の複数
 店舗を回るなど)は誤作動が起こりやすい。
・GPS機能がない場合は利用できない。
  • 近距離NG
×
電子スタンプ(Digishot)式
電子スタンプ
(Digishot)式
・アナログ感覚で誰でも簡単に利用できる。
・各地点でスタンプが異なり、現地に行かないと
 スタンプが押印できないため不正がしにくい。
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
 (同じ建物内でも可)
  • スマホ
  • 近距離OK
  • 不正防止
・電子スタンプを購入する必要がある。(但し、1度
 購入すると2回目以降は流用できるためコストは
 削減可能)
・ガラケーは利用できない。

  • 準備物必要
TOUCHCARD(タッチカード)式
TOUCHCARD
(タッチカード)式
・アナログ感覚で誰でも簡単に利用できる。
・カードをインセンティブとして提供することが
 できる。
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
 (同じ建物内でも可)
  • スマホ
  • 近距離OK
  • 不正防止
・TOUCHCARDを発行、購入する必要がある。
・ガラケーは利用できない。



  • ガラケーNG

ネイティブアプリ使用方式(※アプリの月額利用料が必要)

電子透かしマーク式
電子透かしマーク式
・動画やイラスト、写真、ロゴなど様々なものに
 電子透かしマークを組み込めるため、色々な
 トリガーの実現が可能。
・チェックポイントが近い場合でも利用可能
 (同じ建物内でも可)
  • スマホ
  • 近距離OK
・専用アプリをダウンロードする必要がある。
・ガラケーは利用できない。



  • アプリDL
  • ガラケーNG
iBeacon(近距離無線通信)式
iBeacon
(近距離
無線通信)式
・地点に近づくだけなので、かざす、QRコードを
 読み取る等のアクションが不要。
・現地のエリア範囲に近づく必要があるため、
 不正しにくい。
 (同じ建物内でも可)
・チェックポイントが近い場合でも利用可能。
 (同じ建物内でも可)
  • スマホ
  • 不正防止
  • 近距離OK
・専用アプリをダウンロードする必要がある。
・iPhone4S以降の機種でしか利用できない。





  • アプリDL
  • ガラケーNG
音声認識方式
音声認識方式
・現地のエリア範囲に近づく必要があるため、不正
 しにくい。
・専用の設備が不要。スピーカーがあればOK。
・広範囲に複数人数を対象とした伝達が可能。
・かざす、QRコードを読み取る等のアクションが
 不要。
  • スマホ
  • 不正防止
  • 準備物不要
・専用アプリをダウンロードする必要がある。
・ガラケーは利用できない。




  • アプリDL
  • ガラケーNG
AR(aug!)式
AR
(aug!)式
・写真撮影、画像保存が可能で企画の幅が広がる。
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
 (同じ建物内でも可)
・SNSとの連携で情報拡散が可能。
・写真や画像が映像となって表示されるため話題性
 がある。
  • スマホ
  • 近距離OK
・専用アプリをダウンロードする必要がある。
・ガラケーは利用できない。




  • アプリDL
  • ガラケーNG
AR(Pictu AR)式
AR
(Pictu AR)式
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
 (同じ建物内でも可)
・写真や画像が映像となって表示されるため話題性
 があり、面白みもUPする。


  • スマホ
  • 近距離OK
・専用アプリをダウンロードする必要がある。
・ガラケーは利用できない。




  • アプリDL
  • ガラケーNG
ホログラム(WOWcode)式
ホログラム
(WOWcode)式
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
 (同じ建物内でも可)
・様々なWEBコンテンツと連携が可能。
・偽造が難しいため、不正がしにくい。
・様々なものに貼付ることができるため、
 商品購入促進にも効果がある。
  • スマホ
  • 不正防止
  • 近距離OK
・専用アプリをダウンロードする必要がある。
・ガラケーは利用できない。
・ホログラムカードを発行、購入する必要がある。



  • アプリDL
  • ガラケーNG

モバイルスタンプラリーの基本的な流れ

下記は、モバイルスタンプラリーの基本的な流れの一例です。

モバイルスタンプラリー企画・アレンジ例

スタンプラリーは各種の機能を組み合わせることで、様々な企画を実現することが出来ます。
組合せによって、子どもやファミリーで楽しめるスタンプラリーや、観光地の活性化や特産品の掘り起しなどに貢献するスタンプラリーなどを実施することが出来ます。


色々なスタンプ帳の見せ方

モバイルスタンプラリーの景品提供例


※注1:達成レベル別応募とは、例えばスタンプ3つでB賞、スタンプ6つでA賞、スタンプ全達成で特賞への応募が出来るというような仕組みです。
※注2:もぎり機能とは、ボタンを押して一度利用すれば、引換済となり複数回引換え等の不正が行えないようにする機能です。

モバイルスタンプラリーと紙スタンプラリーの違い

従来の紙スタンプラリーとモバイルスタンプラリーの主な違いは、集計のしやすさ、景品交換方式が豊富なことなどがあります。


もっと詳しく

様々なモバイルスタンプラリーのニーズにリーズナブル価格でお応えいたします!

規格パッケージのスタンダード版から、完全オリジナルカスタマイズ版のモバイルスタンプラリーまで様々なモバイルスタンプラリー企画を実現いたします。
お気軽にご相談ください。

お問合せはこちら

PAGE TOP