スマートフォンでスタンプラリー!QR型・GPS型・電子スタンプ型・Cカード(マルチタッチカード)型・AR型・iBeacon型・ホログラム型モバイルスタンプラリーシステム

運営会社

  • 営業時間:平日 9:00~18:00

  • [東日本問合せ]03-5577-7888

  • [西日本問合せ]077-586-2344

モバイルスタンプラリーのメリット・デメリット

モバイルスタンプラリーのメリット・デメリット

モバイルスタンプラリーには「QRコード式」「GPS機能活用式」「電子スタンプ式」「Cカード(マルチタッチカード)式」「電子透かしマーク式」「AR式」「音声認識方式」「iBeacon式」「ホログラム(WOWcode)」などがあります。
それぞれの方式でのスタンプラリーのメリットとデメリットは以下の通りです。

※ iBeaconは、Apple Inc.の登録商標です。

  メリット デメリット
QRコードQRコード ・ガラケーでもスマートフォンでも参加が可能
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
(同じ建物内でも可)
コストが安い

ガラケー対応近距離対応
・機種によってQRコードの読み取り方法が異なり、スムーズに読み取れないユーザーが多い
固定URLのため不正される可能性がある
・QR読み取り機能がないスマートフォンはアプリをダウンロードする必要がある
不正の可能性有アプリ使用
GPSGPS ・スタンプや電子スタンプなどの準備物が不要
・スマートフォンでの参加がしやすい
・位置情報を取得するため不正が行いにくい
不正防止
・チェックポイントが近い場合(同じ建物内の複数店舗を回るなど)は誤作動が起こりやすい
GPS機能がない場合は利用できない
GPS利用不向き
電子スタンプ(Digishot)電子スタンプ
(Digishot)
・アナログ感覚で誰でも簡単に利用できる
・各地点でスタンプが異なり、現地に行かないとスタンプが押印できないため不正がしにくい
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
(同じ建物内でも可)
不正防止近距離対応
電子スタンプを購入する必要がある(但し、1度購入すると2回目以降は流用できるためコストは削減可能)
・ガラケーは利用できない


ガラケー非対応
マルチタッチカード(C-card)マルチタッチカード
(C-card)
・アナログ感覚で誰でも簡単に利用できる
カードをインセンティブとして提供することができる
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
(同じ建物内でも可)
近距離対応
Cカード(マルチタッチカード)を発行、購入する必要がある
・ガラケーは利用できない


マルチタッチカード購入ガラケー非対応
ネイティブアプリ使用方式(※アプリの月額利用料が必要)
  メリット デメリット
LinkRayLinkRay ・混雑して目の前に近寄れなくても光が届けば受信してスタンプ獲得可能
・地点に行って光IDを受信しないとスタンプが獲得できないので不正が少ない
・チェックポイントが近い場合でも利用可能
(同じ建物内でも可)
近距離対応不正防止
光ID発信機能付きの機器を設置する必要がある
・専用アプリをダウンロードする必要がある
・ガラケーは利用できない



アプリ使用ガラケー非対応
AR(aug!)AR
(aug!)
・写真撮影、画像保存が可能で企画の幅が広がる
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
(同じ建物内でも可)
・SNSとの連携で情報拡散が可能
・写真や画像が映像となって表示されるため話題性がある
近距離対応
・専用アプリをダウンロードする必要がある
・ガラケーは利用できない



アプリ使用ガラケー非対応
AR(COCOAR)AR
(COCOAR)
・写真撮影、画像保存が可能で企画の幅が広がる
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
(同じ建物内でも可)
・SNSとの連携で情報拡散が可能
・写真や画像が映像となって表示されるため話題性がある
近距離対応
・専用アプリをダウンロードする必要がある
・ガラケーは利用できない



アプリ使用ガラケー非対応
iBeacon(近距離無線通信)iBeacon
(近距離無線通信)
・地点に近づくだけなので、かざす、QRコードを読み取る等のアクションが不要
・現地のエリア範囲に近づく必要があるため、不正しにくい
・チェックポイントが近い場合でも利用可能
(同じ建物内でも可)
近距離対応不正防止
・専用アプリをダウンロードする必要がある
iPhone4S以降の機種でしか利用できない
・ガラケーは利用できない


アプリ使用ガラケー非対応
ホログラム(WOWcode)ホログラム
(WOWcode)
・チェックポイントが近い場合でも利用が可能
(同じ建物内でも可)
・様々なWEBコンテンツと連携が可能
偽造が難しいため、不正がしにくい
・様々なものに貼り付けることができるため、商品購入促進にも効果がある
近距離対応不正防止
・専用アプリをダウンロードする必要がある
ホログラムカードを発行、購入する必要がある
・ガラケーは利用できない



アプリ使用ガラケー非対応
  コスト性 操作性 不正などの      
セキュリティ性
利用可能機種 地点が近い
場合の利用
QRコードQRコード
GPSGPS ×
電子スタンプ(Digishot)電子スタンプ(Digishot)
マルチタッチカード(C-card)マルチタッチカード(C-card)
LinkRayLinkRay
AR(aug!)AR(aug!)
AR(COCOAR)AR(COCOAR)
iBeacon(近距離無線通信)iBeacon(近距離無線通信)
ホログラム(WOWcode)ホログラム(WOWcode)

※セキュリティ性はURLコピーや転送などの不正がしにくいかどうかで判定。
※利用可能機種はスマホ、ガラケー共に対応できるものは◎、ネイティブアプリはスマホのみのため○となっています。(QRコード式と併用すればガラケー対応も可)
 iBeaconはiOS7以上のため△となっています。
※近距離での利用はA地点とB地点が同一施設内等でも対応できるかどうかで判定。