導入実績

奈良、三重、和歌山をつなぐトータル700kmの自転車スタンプラリー

奈良県(協力:和歌山県、三重県)では奈良県、三重県、和歌山県をつなぐトータル700kmの自転車スタンプラリーを2014年9月13日(土)~2015年3月16日(月)の間、開催。

奈良、三重、和歌山3県をまたがるサイクルイベント

奈良県は、和歌山県、三重県の協力により3県連携サイクルイベント「ツール・ド・紀伊」を2014年9月13日(土)~2015年3月16日(月)の間、開催。そのイベントに今回、当社提供のモバイルスタンプラリーシステムが採用された。
3県(トータル700km)に及ぶ広範囲で実施され、スタンプラリー対象地点は3県で合計30地点あり、それぞれ

6つのエリアに分けられる。
参加者にユネスコ世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』という文化的景観資産の価値を伝えると共に、周辺地域にある霊場や観光スポットをモバイルスタンプラリーを通じて自転車で巡っていただくことを目的としたイベントとして実施された。


スタンプの取得方法はGPS認証

今回のスタンプ取得方法はGPS形式が採用された。
スタートページにはスタンプの取得情報保持に重要なcookieの受け入れに対する諸注意事項を追加し、cookieの受け入れ設定が無効状態でアクセスされた場合、エラーメッセージが表示されcookieの有効設定の案内へアクセスする流れを設置。

GPS形式の採用により、QRコードを探して読み取るといった手間がなく、対象地点を選択してアクセスすることで、参加者の現在地情報を認証し、スタンプが取得できるので参加者の利便性向上になった。
また、確実に対象地点でアクセスする必要があり、不正なスタンプ取得を防止することにも繋がった。


Facebookを利用したイベントの情報拡散

今回のイベントの概要や情報提供などを掲載するメディアには、公式HPの他、参加者の情報交流のツールとして
Facebookが利用された。
スタンプラリーのモバイルページにも公式Facebookへの
リンクボタンを設置し、参加者がリアルタイムな状況を

確認し、投稿できる仕様とした。
それにより、各地でのさまざな発見や情報を共有することができ、閲覧者の興味や参加意欲を増幅させることとなった。


自分の現在の達成状況が一目でわかる表示画面表示機能

今回、6ヶ月間に及ぶ期間と、3県にわたる広範囲のエリアで、地点数も多く、さらに、自転車での参加ということもあり、参加者がチャレンジされる日程も様々で、参加者自身が達成状況を一目で把握できる『達成状況』ページを設置した。
『達成状況』ページでは、参加者が地点のスタンプを取得すると、該当するパズルピースも取得でき、スタンプ達成で完成する。また、Tour de 紀伊に合わせた自転車のアイ

コンが進捗状況に合わせてゴールまで進んでいく。
これにより、参加者の達成状況を視覚的に把握しやすくした。
参加者は応募条件をクリア後、抽選に応募することができる。応募条件は1エリア達成~全スタンプ達成と難易度別に分けられ、参加者の達成状況は定期的に公式HPで公開されイベントの盛況さを伝えた。


告知ホームページ
告知ホームページ
公式facebookページ
公式facebookページ
マイページと達成状況
マイページと達成状況

プロモーション概要

実施期間 2014.9.13 ~ 2015.3.16 主催 奈良県(協力:和歌山県、三重県)
地点数 30地点 実施目的 観光誘致、文化的景観資産の伝承
景品提供形式 リアル景品応募タイプ 使用メディア チラシ、公式HP、公式Facebook
準備物 チラシ
BACK