導入実績

2014年度版 新たに投票機能とメルマガ機能を追加!ジャパンラグビートップリーグモバイルスタンプラリー

ラグビーフットボール協会では、前年度に引き続きジャパントップリーグ2014-2015にて、リーグ試合の会場に来場されたお客様を対象に2014年8月22日(金)~2015年1月11日(日)の間、モバイルスタンプラリーを実施した。

新たな機能を付加した2014年度版スタンプラリー

ラグビーフットボール協会では、2014年8月22日(金)からジャパンラグビートップリーグ 2014-2015を開催した。その中で実施されるイベントの1つとして前シーズンもご好評頂いた、当社提供のモバイルスタンプラリーが採用された。
参加方法は、公式HPなどで掲出される事前登録用QRコード、又は当日の各試合会場に掲出される地点QRポスターのQRコードをモバイルで読み取る。

始めに、今回新たに追加となった各端末別の『設定確認ページ』に遷移し、各自の端末の設定について再度確認を促した。
これにより、急速な普及率の拡大と新機種の増加に伴うスマートフォンからの参加者の端末の設定によるアクセスエラーや、不具合といった問い合わせを大幅に減少することに繋がった。


会場の一体感をさらに強くした『投票権』

スタンプの取得は1人1日1回で、取得したスタンプの数によって提供されるコンテンツが変わる。
今回の提供コンテンツには、クーポンや賞品が当たる抽選への応募の他、新たに『投票権』が追加された。
参加者が一定数のスタンプを集めると、『投票権』が取得でき、参加16チームの中から好きなチームや選手に投票することで『ベストファンサービス賞』や『ファンが選んだ好きな選手』が決定され、選出されたチームや選手に対して賞が授与された。

これまで参加者が自己満足的に楽しんでいたものが、参加者1人1人の投票によって選手やチームが選出され、賞が授与されるといった流れをつくることで参加者同志の一体感が生まれ、またチームや選手にとってもファンやサポーターのリアルな反応が伝わり、会場の一体感にも繋がった。


メルマガ配信機能でイベント中のリアルな情報配信

さらに、今回追加されたメルマガ配信機能では、イベント参加者のリアルな状況を元に、イベント期間中やイベント終了後などにメールアドレスをご登録頂いた全員、または配信条件を指定し対象者を絞ってメールマガジンを配信することができる。

それにより、スタンプの取得状況別に、次に獲得できる権利のアナウンスや、イベント中のニュース、キャンペーンなどの情報配信が可能になった。


機種変更などで不明になったスタンプ情報の引継が可能

イベント期間中に参加者が利用中の端末の機種変更をされた場合、機種変更以前・以後の両方の『マイナンバー
(イベントページ内下部に表示)』があれば、事務局側でデータの引き継ぎをすることが可能。

また、意図せずCookieが変わってしまったなどの場合にも、管理画面よりスタンプを強制追加することができる。


TOP LEAGUE公式HP
TOP LEAGUE公式HP
地点QRポスター
地点QRポスター
設定確認ページ
設定確認ページ
会場の様子
会場の様子

プロモーション概要

実施期間 2014.8.22 ~ 2015.1.11 主催 ラグビーフットボール協会
地点数 78地点(異なる開催日の同開催地点含む) 実施目的 試合会場への来場促進
景品提供形式 リアル景品交換・応募タイプ 使用メディア 公式サイト
準備物 地点ポスター
BACK