導入実績

小田急ポイントカード会員様限定「富士山を愛でるモバイルスタンプラリー」

小田急電鉄では、小田急ポイントカード(OPカード)会員様限定のイベントとして2015年2月2日(月)~6月30日(火)の間、モバイルスタンプラリーを実施。

小田急沿線でGPS式モバイルスタンプラリー

小田急電鉄株式会社では、2015年2月2日(月)から6月
30日(火)までの間、小田急ポイントカード会員様限定の「富士山を愛でるスタンプラリー」を開催、そのイベントに弊社のスタンプラリーシステムが採用された。

当初平日限定の企画であったが、好評により5月1日(金)より新たに土・日・祝日を含め、期間延長の実施となった。
スタンプラリーは小田急沿線の各対象駅がスタート地点となり、各駅構内設置の専用チラシに掲出された参加用QRコードを携帯電話で読み取り、スタンプラリー専用サイトへアクセスする。

スタンプの取得は携帯を直接QRコード等にかざすものではなく、各対象駅毎(エリア別機能)に指定された3地点を巡り、対象地点にて専用サイトからチェックインするとGPS認証が開始され、認証されるとスタンプが付与される。
対象コースは、小田急沿線で自然ふれあい歩道のうち富士山が特に美しく見える「富士見の歩道7選」のコースが設定された。
各コース内でスタンプを3個集めると、コース踏破(達成)となる。
OPカード会員様限定のスタンプラリーのため、応募フォームには、応募者のOPカード「会員番号」の入力項目を追加し、後日当選者を決定する際の照合に重要となった。


電話によるURL取寄せが可能

達成状況はパズル形式で表示し、同時に達成率を表示させることで参加者の踏破したい気持ちを促進。
また、参加者の現在のコース別の達成状況やスタンプ獲得履歴も確認出来る。

プレゼント内容は、コースの踏破数に応じてOPカードポイントが応募者にもれなく進呈される。
3コース踏破で50ポイント、5コースで100ポイント、7コースで200ポイントで、同時にアンケートに答えて応募する形式とした。


達成状況をパズル形式で表示

スタンプをコンプリートすると、景品交換ボタンが表示され、その画面をスタッフに見せて景品を受け取ると、交換完了ボタンを本人又はスタッフが押すことにより、「交換

済」表示画面に切り替わる。
これにより、同一人物が何度も景品を交換するといった不正等を防ぐ効果があり、確実に景品交換済を確認できる。


販促物までトータルサポート

今回はスタンプラリーシステム以外に販促物であるA2告知ポスター、電車中吊り広告、A4折パンフレットなどのデザインも弊社にて制作。

モバイルスタンプラリー専用サイトとのイメージを統一し、やりとりも窓口1本で済むため、スケジュール管理も容易となった。


チラシ 電車中吊り広告 A4サイズ折パンフレット
チラシ 電車中吊り広告 A4サイズ折パンフレット
告知サイト
告知サイト
スタンプ取得時と達成時画像
スタンプ取得時と達成時画像
達成状況画面
達成状況画面

プロモーション概要

実施期間 2015.2.2(月)~2015.6.30(火) 主催 小田急電鉄
地点数 全7コース(各3地点)21地点 実施目的 小田急ポイントカード告知、観光地活性化
景品提供形式 応募フォーム形式 使用メディア 公式サイト、電車中吊り広告
利用機能 エリア分け機能、レベル別応募機能、達成状況パズル風表示、
スタンプ履歴機能、アンケート機能
準備物 A2告知ポスター、電車中吊り広告、
A4折パンフレット、A4チラシ
BACK