モバイルスタンプラリーのツボ

スタンプラリー モバイルと紙の違い

従来の紙スタンプラリーとモバイルスタンプラリーの仕様について、一目で違いがわかる!
モバイルスタンプラリーにすることで、主催する側にとって便利で使いやすく、集めたい情報や知りたいデータが簡単に把握することが出来ます。

  紙スタンプラリー 紙スタンプラリー モバイルスタンプラリー モバイルスタンプラリー
企画の多様化 アナログのみのため、Webコンテンツへの誘導や
SNS連動、デジタルコンテンツとの融合が難しい。
デジタル方式のため、Webコンテンツへの誘導や
SNS連動、デジタルコンテンツとの融合が容易に
出来る。
賞品受取 スタンプラリー達成後の獲得商品、受渡し場所の
設置や、スタッフが必要になる。
スタンプラリー達成後の獲得商品を、アニメや
アイドルの画像、クーポン画像、音楽にすることで
参加者のモバイルのみで完結することが出来る。
当選方式 受付場所を設置して、ガラポン抽選や抽選箱などで
抽選いただくか、応募用紙に記入頂いて、後日抽選結果を発表するという手間が掛かる。
「先着順」「●名に1名は必ず当たる」「システムで
ランダムに当たる」の中から選ぶことが出来、
当選結果も参加者のモバイルで確認することが出来る。
利用者数の集計 アンケート用紙や応募用紙などから
集計する手間が掛かる。
システムの管理画面より地点の参加延べ人数、
各等級の当選個数を日別に集計することが出来る。
環境 ゴミが出る。       ゴミが出ない。      
コスト 紙や印刷、インク、スタンプなどの準備物、
各地点に配置させるスタッフの経費が毎回かかる。
初期費用はかかるものの、一度設定したものと
同じ内容で、イベントを行う場合、月額利用料のみで
抑えられる。
対象地点の設定 通過順序や必須通過地点を案内するための掲示物、
各地点にて案内するスタッフが必要になる。
参加者が地点にてモバイルでスタンプを獲得された
際に、画面に次の通過地点の案内や必須通過地点の
案内を表示することが出来る。
参加回数制限 紙スタンプラリーのため、本人確認が不可能で
スタンプラリーの用紙さえあれば複数回参加出来る
ので、制限が出来ない。
モバイルでの参加になるので端末の特定が可能になり、参加回数の制限が出来る。
イベント性 イベントを絡めて参加者に回遊していただく場合、
各地点に案内するための掲示物、各地点にて案内する
スタッフが必要になる。
参加者が地点にてモバイルでスタンプを獲得された
際に、画面にその地点でのイベントの案内を表示する
ことが出来る。
PAGE TOP