『C-STACS』は、貴社コンテンツサーバーにサービスSDKを配置の上、貴社アプリへ電子スタンプ(C-Stamp)による押印の仕組みを組込むことが出来るSaaS(ASP)型のAPIサービスです

運営会社 株式会社PKBソリューション

03-5577-7888
平日 9:00~18:00

C-STACS(C-Stamp API Control System) サービス概要

『C-STACS』は、貴社コンテンツサーバーにサービスSDKを配置の上、貴社アプリへ電子スタンプ(C-Stamp)による押印の仕組みを組込むことが出来るSaaS(ASP)型のAPIサービスです。API方式での通信(提供)となる為、貴社アプリに於けるUI/UXを柔軟に作成できると共に押印回数といった記録データに於いても自動集計され容易に閲覧することができます。

①利用者登録
(業社)

②デバイス
登録

③デバイス押下

④デバイス認証

⑤認証エンジン

C-Stamp技術の紹介(特許技術)

開発会社

C-STACSで採用している『C-Stamp』を開発した株式会社インターメディア研究所(東京都千代田区|代表取締役:吉田健治)は、スタートフォンのタッチパネルで読み取り可能な静電容量コード技術の特許「Electrostatic Capacity Code※1」の世界展開を目指す電気通信大学※2発のベンチャー企業です。

技術

C-Stampは、スタンプ本体の押印面に配置された電極コードの配置パターンを変化させることで、所謂スマートフォンへのマルチタッチを実現させます。このマルチタッチのパターンをコード化しスタンプ本体の押印時にアプリに配置されたSDKがコードを読取り(解析)することでアプリへの各種アクションの発動に利用することが出来る製品です。

※1 Electrostatic Capacity Code…静電容量コードとは、底面に複数の電極を配置したデバイスをスマホ等のタッチパネルに載置することにより、電極の静電容量が検知され、その配置パターンにより数値化されたコード情報である
※2 国立大学法人電気通信大学|URL:https://www.uec.ac.jp/

C-Stamp導入メリット

一般的な導入に於ける、認証エンジンサーバーの構築・運用・保守などを行うことなく、SDKをコンテンツサイトに組み込むことでスピーディーにかつ簡単に導入することができます。

管理画面のご案内

サービス契約ごとにC-STACS管理画面を提供します。
管理画面上では、押印成功回数、JS呼び出し回数が月日単位にて表示されます。また、表示データのCSVファイルをダウンロード取得することができます。

サービス導入方法及びSDK組み込みについて

貴社コンテンツアプリ及びコンテンツサーバーにC-STACSサービスを導入する為には、次の条件が必要となります。

CSTACS-SDKを導入し稼働すること

・PHP7.3以上のPHPプログラムが動作可能であること
・サーバー間に於けるSSL(443)通信ポートが許可されていること
・貴社コンテンツサーバーからCSTACS-APIサーバーへの接続IPが固定されていること

CSTACS-JSが動作可能であること

・ユーザーアプリ上に於いてjavaScriptが動作可能であること
・ユーザーアプリは、ブラウザベースで作成されていること
・ネイティブアプリに於けるWeb VIEWで押印画面が動作していること
 ※但し、事前検証が必要

※コンテンツアプリ上での押印後アクションは、貴社作成プログラムの構成状況によります
※押印認証後のアクション動作に於きましては、当社にて動作保証致しかねます

利用企業様と利用シーン

本サービスは、下記のようなシステムをお考えの企業様への導入を想定しております。

利用用途